TDS 「ハピネスグリーティング・オン・ザ・シー」。ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテの2Fベランダ席から。
EOS-1DX + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM Mモード ISO320 F5.6 SS1/2000 360mm 2013.07.13撮影。
2015年対応、東京ディズニーシーの混雑予想カレンダーと各種攻略[姉妹→東京ディズニーランド混雑予想カレンダー

心配。東京ディズニーシー「レイジングスピリッツ」で事故発生

TDSのレイジングスピリッツで事故

2012年5月28日(月)16:05ごろ、東京ディズニーシーのロストリバーデルタにあるアトラクションレイジングスピリッツで事故が発生しました。

今回の事故に関するオリエンタルランドの公式コメント

東京ディズニーシーを運営するオリエンタルランドは公式コメントを発表しています。東京ディズニーシー「レイジングスピリッツ」における傷病発生の件 http://www.olc.co.jp/wpmu/wp-content/blogs.dir/2/files/2012/05/20120528.pdf

レイジングスピリッツとは

レイジングスピリッツとはこんなアトラクションで猛スピードで360度回転するローラーコースターです。 http://www.tokyodisneyresort.co.jp/tds/japanese/event/raging/ http://www.tokyodisneyresort.co.jp/tds/ld/atr_raging.html

事故の発生状況

各ニュースから状況をまとめると以下の様な状況だったようです。
発生場所:東京ディズニーシー ロストリバーデルタ レイジングスピリッツ(360度回転ジェットコースター)2両目2列目左側。
発生状況:他の乗客のセーフティーバーは下がり、該当ゲストのセーフティーバーだけが上がったままの状態でコースター発進。
事故状況:飛び降りようとする→1m引きずられレール上に落下→2週間のけが(右足ねんざ)。
コースター:コースターは数メートル進んで緊急停止。
該当ゲスト:北海道帯広市の会社員男性34歳。

レイジングスピリッツのスタート手順

レイジングスピリッツのスタート手順はゲストからみて以下の様な順番だと思います。 ①前のゲストがセーフティーバーを自ら持ち上げて降車する ②次のゲストは乗車し、自らセーフティーバーを下げる(一旦下げるとロックされ、自ら解除出来ない) ③キャストが全員のセーフティーバーが下がっているのを確認→ゴーサインを出す ④別のキャストがゴーサインを確認後、ゴーボタンを押しコースターが発進

事故発生の原因を考えてみる

なぜ事故が起きたのかを考えてみます。
①ゲストがセーフティーバーを下げなかった。飛び降りたぐらいなので下げる必要を感じていなかった。
②キャストがセーフティーバーを確認するのを忘れてGoサインを出してしまった。
③キャストが間違えてGoサインを出してしまった又はGoボタンを押してしまった。
④システムの故障や不具合による誤動作により、Goボタンを押さなくても動作してしまった。
⑤全セーフティーバーが下がっていなくても動作可能なシステム設計上の問題。
と、素人目から見ても色々と考えられますね。当面の間、レイジングスピリッツは営業停止だということです。
SCSEの精神で運営されている東京ディズニーシーですから、原因追求と対策実施及び対策の効果の検証の上、再開してほしいと願いします。

シェアしてくれると本気で喜びます!