TDS 「ハピネスグリーティング・オン・ザ・シー」。ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテの2Fベランダ席から。
EOS-1DX + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM Mモード ISO320 F5.6 SS1/2000 360mm 2013.07.13撮影。
2015年対応、東京ディズニーシーの混雑予想カレンダーと各種攻略[姉妹→東京ディズニーランド混雑予想カレンダー

これおすすめです!東京ディズニーシーが雨の日に着用したい大人と子どもの服装

スポンサード リンク

雨の東京ディズニーシーで着る服装

更新2013年4月5日。東京ディズニーシーに来園すると必ず晴れているわけではなく、雨の日も少なくありません。数十パーセントの確率で雨降りの日にあってしまいます。 そんな雨の日や雨が降りそうな日に入園する場合、雨の日の対策方法を解説します。 雨具は大人と子供で何を持って行ったらいいのか?履物は何を履けばいいのか?パーク内で雨具は販売されるのか?持って行くと便利な物はない?などを考えます。

大人は「折畳傘」がおすすめ

大人の方の場合「カッパ」の方が良い気がしますが、アトラクションに乗る場合に必ず脱がされるので、脱いだりまた着たりがとても面倒です。 普通の傘だと長くて、取り回ししにくくアトラクションに乗る場合かなり邪魔な存在になります。このような理由からおりたたみの傘がベストと思います。

小さな子供は「ポンチョ」がいいかも?

小さな子供の場合はポンチョが良いでしょう。 カッパはアトラクションに乗る場合、大人と一緒で脱がなくてはならないので、親のストレスになるでしょう。 ポンチョなら頭からかぶればいいので簡単に脱ぎ着でき親のストレスが軽減されるでしょう。 傘では服がぬれる可能性があるのでおすすめしません。

履物は「レインシューズ」がいい

履物はレインシューズがおすすめです。当然よく水をはじく素材を使用した物をおすすめします。 一応、靴下の替えを準備をしていきましょう。 自家用車で行くなら、予備の靴やサンダルなどをトランクに入れておくといいです。 ぐちゃぐちゃの足元で過ごすのは気持ちもよくないですし体にも毒です。 私の場合はスニーカーで出かけてしまいますし、雨予想の日は基本出かけません。

持ち運びに「傘専用ビニール袋」を持参

折りたたんだ傘や、脱いだポンチョやカッパをさっとしまえる大きめのビニール袋を持って行くといいです。 自分や他ゲストの服や荷物を濡らさずに済むので気も楽です。 もし忘れた場合はショップのレジでお土産用の袋を貰うといいでしょう。

パーク内での雨具の販売は?

パーク内は雨が降ってくると傘・ポンチョ・カッパを売るので、突然の雨でも問題ありません。 微妙な天気予想で荷物が増えるのがいやならパーク内でも買えるということです。 値段はちょっと高めなので自宅から持参した方が安上がりす。 靴下はパーク内のショップで扱っているお店もありますし、靴の場合はイクスピアリで買うことが出来るようです。
[参考]げっ雨かよ!こんな時役立つ「傘」を扱うショップ・お店

スポンサード リンク

シェアしてくれると本気で喜びます!