TDS 「ハピネスグリーティング・オン・ザ・シー」。ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテの2Fベランダ席から。
EOS-1DX + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM Mモード ISO320 F5.6 SS1/2000 360mm 2013.07.13撮影。
2015年対応、東京ディズニーシーの混雑予想カレンダーと各種攻略[姉妹→東京ディズニーランド混雑予想カレンダー

これならへっちゃらだ!ディズニーシー「雨の日」対策と楽しみ方

スポンサード リンク

雨の日の楽しみ方

これならへっちゃらだ!ディズニーシー「雨の日」対策と楽しみ方

雨の日は比較的空いてるので混雑からは避けられます。「ランド」と比べ「シー」のアトラクションは屋内にあるのが多いので少しの雨なら降ってもあまり問題にならないです。 雨で気をつける必要があるのは、「移動」と「待ち時間」です。さすがに全体が屋根に覆われているわけではなく、「移動」は屋外です。 「トランジットスチーマーライン」や「エレクトリックレールウエイ」を使えば屋根が付いているので濡れにくくていいでしょう。 さらに、アトラクションにたどり着いたとしても「待ち時間」は屋外で待たされるアトラクションもありますので雨具は必要でしょう。

アトラクションに乗れるのか?

雨降りでアトラクションが中止になることはほとんどなく、雨に加えて風が強くなると安全をみて中止になるアトラクションが出ます。 雨に弱そうなアトラクションを順に並べると以下の様な感じでしょうか? どれも雨でぬれる覚悟でライドしなくてはなりませんので、下の方に書いた雨対策を参考にして出かける必要があるでしょう。

  • 「センターオブジアース」(一部屋外で雨以外もシス調で動かないことが多い)
  • 「レイジングスピリッツ」(全屋外の360度回転ジェットコースター)
  • 「スカットルのスクーター」(全屋外のジェットコースター)
  • 「ベネツィアンゴンドラ」(全屋外のパーク移動や周遊用人力ゴンドラ)
  • 「ビックシティ・ヴィークル」(全屋外のパーク移動や周遊用蒸気船)
  • 「トランジットスチーマーライン」(全屋外のパーク移動や周遊用蒸気船)
  • 「エレクトリックレールウエイ」(全屋外のパーク移動用列車でレールが雨にぬれる)
  • 「アクアトピア」(全屋外のアトラクションだが水上なので雨はほぼ問題ない)

濡れないアトラクションは?

以下のアトラクションは雨に濡れにくいアトラクションです。 どうしても濡れたくないのであれば屋内で過ごすしかありません。シーなら「マーメイドラグーン」は全体が屋内なので雨風をしのげます。 でも雨が降るとみなさんここを狙って退避してきますので混雑しますので覚悟して入りましょう。

  • 「タワー・オブ・テラー」
  • 「タートルトーク」
  • 「ストームライダー」
  • 「インディジョーンズアドベンチャー」
  • 「センター・オブ・ジ・アース」
  • 「海底2万マイル」
  • 「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」
  • 「マジックランプシアター」
  • 「キャランバンカルーセル」

スポンサード リンク

シェアしてくれると本気で喜びます!