TDS 「ハピネスグリーティング・オン・ザ・シー」。ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテの2Fベランダ席から。
EOS-1DX + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM Mモード ISO320 F5.6 SS1/2000 360mm 2013.07.13撮影。
2015年対応、東京ディズニーシーの混雑予想カレンダーと各種攻略[姉妹→東京ディズニーランド混雑予想カレンダー

ホットドッグ!デランシー・ケータリング(2012年4月7日)ディズニーシー

スポンサード リンク

デランシー・ケータリング

東京ディズニーシーの、アメリカンウォーターフロントにあるホットドッグ屋「デランシー・ケータリング」を紹介します。

概要

「デランシー・ケータリング」の場所は「エレクトリックレールウェイ」のアメリカンウォーターフロントステーション前です。

メニュー

こちらのお店のメニューはホットドッグだけで、他に飲み物が売っているだけです。

食べたのは?

訪れたのは2012年4月7日(土)13時。 今回食べたのは「ホットドッグ(380円)」と「生茶(200円)」の合計「580円」です。 あまり時間が無かったのと、周囲のベンチが満席だったので、レールウェイの柱の根元のコンクリートの上に料理を置いて食べました。 混雑していると、食べる場所も確保するのが難しいのが、東京ディズニーシーですね。春休み最後の土曜日は大混雑しますね。

ホットドッグ

大きさは東京ディズニーランドのリフレッシュメントコーナーにある「フットロングホットドッグ」のように大きくはありません。 シンプルなホットドッグです。ケチャップとマスタードをお好みでかけて食べます。 パンは柔らかめ、具はソーセージだけですが、パリっと食感が良く、なかなか美味しかったです。

生茶

ここ東京ディズニーシーや隣の東京ディズニーランドで販売されている「生茶」パッケージにはティンカーベルがデザインされてます。 派手なデザインでないので、パーク外で飲んでも気づかれないと思いますので、私の様なおっさんが持っていてもそれほど恥ずかしく無いです。 味の方は普通の生茶です。

まとめ

味は悪くなく、頼めば直ぐ出てくるので、長時間待つ必要はありませんので、時間が無い場合には便利なお店だと思います。 ただしホットドッグのサイズは大きくはありませんので、女性や子供なら足りるかもしれませんが、男性だと物足りないでしょう。

基本情報

  • テーマポート:アメリカンウォーターフロント
  • 座席数:なし
  • タイプ:ワゴンサービス
  • PS(プライオリティーシーティング):無し
  • お子様メニュー:無し
  • スポンサー:なし
  • 公式サイト:デランシー・ケータリング
  • 禁煙
  • 低アレルギーメニュー:無し

スポンサード リンク

シェアしてくれると本気で喜びます!