TDS 「ハピネスグリーティング・オン・ザ・シー」。ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテの2Fベランダ席から。
EOS-1DX + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM Mモード ISO320 F5.6 SS1/2000 360mm 2013.07.13撮影。
2015年対応、東京ディズニーシーの混雑予想カレンダーと各種攻略[姉妹→東京ディズニーランド混雑予想カレンダー

TDS EIN 夜回 ミッキーマウス(2014年4月撮影)写真画像とカメラ設定

TOP  >  パーク写真  >  EIN 夜回 ミッキーマウス

公開:2014年4月19日(土)

東京ディズニーシー イースターインニューヨーク 夜回 ミッキーマウス(2014年4月12日撮影)写真画像とカメラ設定

東京ディズニーシーのスペシャルイベント「イースター・イン・ニューヨーク」から夜回のミッキーマウスの写真を公開。

初めて夜回で座り最前列の場所が確保できました。 この場所取りの為に半日以上費やして、メインの大通りは埋まってしまって座れませんでした。 EINは昼の回でも最前列に座ったのは、はじめて鑑賞した一昨年の一度だけであとは全部立ち見です。 春のこの時期は風が強い日が多く、風キャンとなることが多いのでびくびくしながらのお地蔵さんです。

話は変わりますが、特に座り見は隣の人のレンズやカメラが邪魔になって撮り難いですよね。 さらに夜の回なのにフラッシュを焚いて、写真の雰囲気ぶち壊していると思われる方もいますよね。 座り見なら十分明るいのでフラッシュは要らないですよね。ISOを上げて、シャッター速度を落として、絞りを開放にすれば十分取れると思いますよ。

撮影機材

・カメラ:Canon EOS-1DX (重さ1340g/2012年6月発売)
・レンズ:Canon EF70-200mm F2.8L IS II USM (重さ1490g/2010年3月発売)
・コンパクトフラッシュ:Transcend TS32GCF400×2枚 (容量32GB/400倍/2009年11月発売)

カメラ設定/画像処理

ファームウェア:Ver2.0.3(EOS-1DX)
露出モード:M(マニュアル)
ISO感度:オート(ISO2500)
絞り:F2.8(開放)
シャッター速度:SS1/500(秒)
焦点距離:135mm(35mm換算)
ホワイトバランス:AWB(オート)
オートブラケティング(AEB):なし
測光方式:中央部重点平均測光
露出補正:±0(Mモードは調整不可)
調光補正:±0(スピードライト未使用)
ピクチャースタイル:ポートレート
フォーカス:AF(オートフォーカス)
測距エリア:領域拡大AF(上下左右)
AFモード:AIサーボAF(親指オートフォーカス)
ドライブモード:高速連続撮影
ファイル形式:JPEG Lサイズ 精細
手ぶれ補正:ISオン
画像補正:レタッチ済み(角度補正、トリミング等)
レタッチソフト:Photoshop CC(WINDOWS PC)

AFカスタム設定

●CASE1:汎用性の高い基本的な設定
○Case2:障害物が入るときや、被写体がAFフレームから外れやすいとき
○Case3:急に現れた被写体に素早くピントを合わせたいとき
○Case4:被写体が急加速/急減速するとき
○Case5:被写体の上下左右の動きが大きいとき(1点AF時無効)
○Case6:被写体の速度変化と上下左右の動きが大きいとき(1点AF時無効)
被写体追従特性(0)デフォルト
速度変化に対する追従性(0)デフォルト
測距点乗り移り特性(0)デフォルト

撮影日と場所

2014年4月撮影

東京ディズニーシー
WFP

簡易評価と反省

フォーカス:後ピン
手ぶれ:なし
被写体ブレ:なし
露出:普通
ノイズ感:少なめ

シェアしてくれると本気で喜びます!