TDS 「ハピネスグリーティング・オン・ザ・シー」。ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテの2Fベランダ席から。
EOS-1DX + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM Mモード ISO320 F5.6 SS1/2000 360mm 2013.07.13撮影。
2015年対応、東京ディズニーシーの混雑予想カレンダーと各種攻略[姉妹→東京ディズニーランド混雑予想カレンダー

TDS ハピネス・オン・ハイ&ディスカバリーギフト風力発電(2014年1月撮影)写真画像とカメラ設定

TOP  >  パーク写真  >  ハピネス・オン・ハイ&ディスカバリーギフト風力発電

公開:2014年3月25日

東京ディズニーシー ハピネス・オン・ハイ&ディスカバリーギフト風力発電(2014年1月25日撮影)写真画像とカメラ設定

東京ディズニーシーの「ハピネス・オン・ハイ&ディスカバリーギフト風力発電」の写真を公開。

この写真を写していた時期は、パーク内で長時間露光するのが楽しい時でした。 いつもとは違った場所から花火を撮影しようとセッティングしたら、実際に上がった場所がぜんぜん違って急遽場所を移動しての撮影になりました。 ディスカバリーギフトの風力発電を長時間露光単体ですることは合ったのですが、花火を背景に撮影できました。 ちゃんとロケハンしてから場所を決める必要があるとつくづく感じた日でした。

話は変わりますが、最近HTMLタグを打つことがめっきり減ってきて、思い出そうとしても忘れていることが多いなぁって感じます。 年のせいもあるのですが、やっぱり定期的に使っていないと何でも忘れてしまうなぁって。 パークで撮影するばかりではなく、たまにはHTMLやCSSを使ってページやサイトを作って、常に慣れておかないと駄目だね。

撮影機材

・カメラ:Canon EOS-1DX (重さ1340g/2012年6月発売)
・レンズ:Canon EF-M22mm F2 STM (重さ105g/2012年9月発売)
・コンパクトフラッシュ:Transcend TS32GCF400×2枚 (容量32GB/400倍/2009年11月発売)

カメラ設定/画像処理

ファームウェア:Ver2.0.3(EOS-1DX)
露出モード:B(バルブ)
ISO感度:ISO100
絞り:F13
シャッター速度:SS8(秒)
焦点距離:35mm(35mm換算)
ホワイトバランス:太陽光(5200K)
オートブラケティング(AEB):なし
測光方式:中央部重点平均測光
露出補正:±0(Mモードは調整不可)
調光補正:±0(スピードライト未使用)
ピクチャースタイル:風景
フォーカス:AF(オートフォーカス)
測距エリア:1点AF
AFモード:ワンショットAF
ドライブモード:ワンショット撮影
ファイル形式:JPEG Lサイズ 精細
画像補正:レタッチ済み(角度補正、トリミング等)
レタッチソフト:Snapseed(iPad mini)

AFカスタム設定

●CASE1:汎用性の高い基本的な設定
○Case2:障害物が入るときや、被写体がAFフレームから外れやすいとき
○Case3:急に現れた被写体に素早くピントを合わせたいとき
○Case4:被写体が急加速/急減速するとき
○Case5:被写体の上下左右の動きが大きいとき(1点AF時無効)
○Case6:被写体の速度変化と上下左右の動きが大きいとき(1点AF時無効)
被写体追従特性(0)デフォルト
速度変化に対する追従性(0)デフォルト
測距点乗り移り特性(0)デフォルト

撮影日と場所

2014年1月撮影

東京ディズニーシー
ポートディスカバリー

簡易評価と反省

フォーカス:ジャスピン
手ぶれ:なし
被写体ブレ:あり
露出:普通
ノイズ感:ほぼゼロ

シェアしてくれると本気で喜びます!