TDS 「ハピネスグリーティング・オン・ザ・シー」。ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテの2Fベランダ席から。
EOS-1DX + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM Mモード ISO320 F5.6 SS1/2000 360mm 2013.07.13撮影。
2015年対応、東京ディズニーシーの混雑予想カレンダーと各種攻略[姉妹→東京ディズニーランド混雑予想カレンダー

TDS グリーティングトレイル ミニーマウス(2013年11月撮影)写真画像とカメラ設定

TOP  >  パーク写真  >  グリーティングトレイル ミニーマウス

公開:2013年12月26日

東京ディズニーシー グリーティングトレイル ミニーマウス(2013年11月30日撮影)写真画像とカメラ設定

東京ディズニーシーのグリーティング施設「ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル」からミニーマウスの写真を公開。

なかなかミニーちゃんを撮るのは難しいです。特にグリーティングトレイルのミニーちゃん。なんか色をどうしていいのかわからないです。 ライトは色温度が低そうなのですが、フラッシュを焚いてしまうとミックス光になるので、アンバー系のフィルターをスピードライトの前面に貼ればいいのかもしれません。 でもそんなのやっている人みたことがないので、やるのがちょっと恥ずかしいので。何が正解なのがフラッシュワークはまだまだ修行の身です。

話は変わりますが、パークでの撮影は冬になると機材も冷えますし、自分の体も冷え切ります。特に指先が冷えてしまって大変なのですが、手袋を導入して少し楽になりました。 指先だけ出せるタイプのものを購入したのですが、カメラを持つとフィーリングが大きく変わってしまうので、結局は撮影中はずさないといけないってことに実践で気づいてしまいました。 これであれば、普通の手袋で十分だったと、反省しております。

撮影機材

・カメラ:Canon EOS-1DX (重さ1340g/2012年6月発売)
・レンズ:Canon EF24-70mm F2.8L II USM (重さ805g/2012年9月発売)
・コンパクトフラッシュ:Transcend TS32GCF400×2枚 (容量32GB/400倍/2009年11月発売)
・スピードライト:Canon SP600EX-RT (重さ425g/2012年3月発売)

カメラ設定/画像処理

ファームウェア:Ver1.2.4(EOS-1DX)
露出モード:M(マニュアル)
ISO感度:ISO400
絞り:F2.8(開放)
シャッター速度:SS1/80(秒)
焦点距離:24mm(35mm換算)
ホワイトバランス:AWB(オート)
オートブラケティング(AEB):なし
測光方式:スポット測光(AFフレーム連動)
露出補正:±0(Mモードは調整不可)
調光補正:-0.6(スピードライト未使用)
ピクチャースタイル:ポートレート
フォーカス:AF(オートフォーカス)
測距エリア:1点AF
AFモード:ワンショットAF
ドライブモード:ワンショット撮影
ファイル形式:JPEG Lサイズ 精細
シンクロモード:先幕シンクロ
スピードライトモード:TTL II
画像補正:レタッチ済み(角度補正、トリミング等)
レタッチソフト:Snapseed(iPad mini)

撮影日と場所

2013年11月撮影

東京ディズニーシー

簡易評価と反省

フォーカス:ジャスピン
手ぶれ:なし
被写体ブレ:なし
露出:ローキー
ノイズ感:ほぼゼロ

シェアしてくれると本気で喜びます!