TDS 「ハピネスグリーティング・オン・ザ・シー」。ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテの2Fベランダ席から。
EOS-1DX + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM Mモード ISO320 F5.6 SS1/2000 360mm 2013.07.13撮影。
2015年対応、東京ディズニーシーの混雑予想カレンダーと各種攻略[姉妹→東京ディズニーランド混雑予想カレンダー

TDS ハロウィン ショー デイジー(2013年9月撮影)写真画像とカメラ設定

TOP  >  パーク写真  >  ハロウィン ショー デイジー

公開:2013年11月7日

東京ディズニーシー ハロウィン ショー デイジー(2013年9月撮影)写真画像とカメラ設定

東京ディズニーシーのハロウィーンのハーバーショー「ハロウィーン・デイドリーム-スケルトンズ・サプライズ」からデイジーの写真を公開。

ネットをさまよっていたら、写真撮影に関して、良いこと書いてありました。「何を撮るのか。何処から撮るのか。何処を切り取るのか。」 これを意識しながら撮影すればさらに一歩進んだ写真が撮れそうな気がします。特に「何処から撮るのか」が私に足りていない気がします。 パーク内にあてはめると、撮影ポジな気がします。これは撮影経験が浅い私の弱点でもあります。 できるだけ通って沢山の場所から撮影し経験値を上げることだと思います。

話は変わりますが、今年のハロウィンは仮装に関してオリエンタルランドの対応が酷かったようです。 東京ディズニーシーはそもそも全身仮装は許可されていないにもかかわらず、パーク内には仮装しているゲストさんが散見されていたようです。 キャストさんも見てみぬふりなのか、注意もしないようです。 これを注意していいキャストさんとしてはいけないキャストがいるのかもしれませんが、ルールを守れないゲストの放置はいかがなものかと。

撮影機材

・カメラ:Canon EOS-1DX (重さ1340g/2012年6月発売)
・レンズ:Canon EF70-200mm F2.8L IS II USM (重さ1490g/2010年3月発売)
・テレコン:Canon EF2.0X III (重さ325g/2010年12月発売)
・コンパクトフラッシュ:Transcend TS32GCF400×2枚 (容量32GB/400倍/2009年11月発売)

カメラ設定/画像処理

ファームウェア:Ver1.2.4(EOS-1DX)
露出モード:M(マニュアル)
ISO感度:オート(ISO2000)
絞り:F5.6(開放)
シャッター速度:SS1/1250(秒)
焦点距離:300mm(35mm換算)
ホワイトバランス:AWB(オート)
オートブラケティング(AEB):なし
測光方式:スポット測光(AFフレーム連動)
露出補正:±0(Mモードは調整不可)
調光補正:±0(スピードライト未使用)
ピクチャースタイル:ポートレート
フォーカス:AF(オートフォーカス)
測距エリア:領域拡大AF(上下左右)
AFモード:AIサーボAF(親指オートフォーカス)
ドライブモード:ワンショット撮影
ファイル形式:JPEG Lサイズ 精細
手ぶれ補正:ISオン
画像補正:レタッチ済み(角度補正、トリミング等)
レタッチソフト:Snapseed(iPad mini)

AFカスタム設定

●CASE1:汎用性の高い基本的な設定
○Case2:障害物が入るときや、被写体がAFフレームから外れやすいとき
○Case3:急に現れた被写体に素早くピントを合わせたいとき
○Case4:被写体が急加速/急減速するとき
○Case5:被写体の上下左右の動きが大きいとき(1点AF時無効)
○Case6:被写体の速度変化と上下左右の動きが大きいとき(1点AF時無効)
被写体追従特性(0)デフォルト
速度変化に対する追従性(0)デフォルト
測距点乗り移り特性(0)デフォルト

撮影日と場所

2013年9月撮影

東京ディズニーシー

簡易評価と反省

フォーカス:ジャスピン
手ぶれ:なし
被写体ブレ:なし
露出:ローキー
ノイズ感:ほぼゼロ
解像度:中(若干のトリミング)

シェアしてくれると本気で喜びます!