TDS 「ハピネスグリーティング・オン・ザ・シー」。ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテの2Fベランダ席から。
EOS-1DX + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM Mモード ISO320 F5.6 SS1/2000 360mm 2013.07.13撮影。
2015年対応、東京ディズニーシーの混雑予想カレンダーと各種攻略[姉妹→東京ディズニーランド混雑予想カレンダー

TDS ハロウィン ショー デイジー(2013年9月撮影)写真画像とカメラ設定

公開:2013年10月9日

東京ディズニーシー ハロウィン ショー デイジー(2013年9月撮影)写真画像とカメラ設定

東京ディズニーシー「ハロウィン・デイ・ドリーム-スケルトンズ・サプライズ」からデイジーの写真をアップ。 最近シャッター速度を幾つにしたらいいのかわからなくなってきていまして、チョット上げ気味です。 日が暮れるのが早まってきた9月下旬の夕方に、2倍テレコン付け開放F値が2段落ちしているにも関わらず 良く考えずに、被写体の距離が近かったのでSS1/2500と高くしてしまったので、ISOが2500と上がり過ぎてテレコンも相まって画質がイマイチです。

ツイッターでこの写真を上げた時に、ペンタックスの最新機種K-3の噂を頂きました。 全く興味が無く「スルー」させていただきましたが、この記事を書きながら「K-3発表」のニュースが流れてきたのでスペックを紹介しておきましょう。

Kマウントデジタル一眼レフカメラ最上位機種
「PENTAX K-3」
-Kマウント ハイエンドモデル
-イメージセンサー ローパスレスAPS-C 2400万画素CMOS
-ローパス「的」切り替え機能「ローパスセレクター」
-画像処理エンジンPRIME III、最高感度ISO51200
-AF27点測距(25点クロス・中央3点F2.8対応)-3~+18EV
-AE約8.6万画素RGB測光センサー
-光学ファインダー視野率100%、倍率0.95倍
-連写速度は秒8.6コマ。連写枚数はRAW約23枚JPEG60コマ
-動画機能は、1920×1080/60i、30p。
-4K(3840×2160)サイズでのインターバル動画撮影機能
-WiFi機能
-防塵防滴性
-SDメモリーカード、デュアルカードスロット
-実売価格ボディー15万円前後

キヤノンで言えば6Dと同等の値段ですが、スペック的にはさらに上を行く感がありますね。 特にペンタックスは防塵防滴が優れている感じがするので夏のウォータープログラムにはピッタリな感じがします。

http://news.ricoh-imaging.co.jp/rim_info/2013/20131008_004192.html

撮影機材

・カメラ:Canon EOS-1DX (重さ1340g/2012年6月発売)
・レンズ:Canon EF70-200mm F2.8L IS II USM (重さ1490g/2010年3月発売)
・テレコン:Canon EF2.0X III (重さ325g/2010年12月発売)
・コンパクトフラッシュ:Transcend TS32GCF400×2枚 (容量32GB/400倍/2009年11月発売)

カメラ設定/画像処理

露出モード:M(マニュアル)
ISO感度:オート(ISO2500)
絞り:F5.6(開放)
シャッター速度:SS1/2500(秒)
焦点距離:355mm(35mm換算)
ホワイトバランス:AWB(オート ホワイトバランス)
測光方式:スポット測光(AFフレーム連動)
露出補正:±0(Mモードは調整不可)
調光補正:±0(スピードライト未使用)
ピクチャースタイル:ポートレート
フォーカス:AF(オートフォーカス)
測距エリア:領域拡大AF
AFモード:AIサーボAF(親指オートフォーカス)
ドライブモード:ワンショット撮影
ファイル形式:JPEG Lサイズ 精細
手ぶれ補正:ISオン
画像補正:レタッチ済み(角度補正、トリミング等)
レタッチソフト:Snapseed(iPad mini)

撮影日と場所

2013年9月撮影

東京ディズニーシー

簡易評価と反省

フォーカス:ジャスピン
手ぶれ:なし
被写体ブレ:なし
露出:ローキー気味
ノイズ感:ほぼゼロ

シェアしてくれると本気で喜びます!