TDS 「ハピネスグリーティング・オン・ザ・シー」。ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテの2Fベランダ席から。
EOS-1DX + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM Mモード ISO320 F5.6 SS1/2000 360mm 2013.07.13撮影。
2015年対応、東京ディズニーシーの混雑予想カレンダーと各種攻略[姉妹→東京ディズニーランド混雑予想カレンダー

TDS ファンタズミック! ミッキーマウス(2013年9月撮影)写真画像とカメラ設定

公開:2013年10月11日

東京ディズニーシー ファンタズミック! ミッキーマウス(2013年9月撮影)写真画像とカメラ設定

東京ディズニーシーの夜のハーバーショー「ファンタズミック!」からミッキーマウスの写真を公開。

2倍のテレコンを付けたので、開放F値が5.6と暗くなったのにもかかわらず、SS1/250と遅めに設定したことと背景のパイロ(花火)のおかげで ISO2500と低めに抑えられ、ミッキーの顔にノイズがほとんど確認出来ないという、なかなかいい具合に撮れたと思います。 撮影場所もいつもと違い近い所から、さらに2倍テレコンを使って400mmで撮れ、大きめに写ったので若干のトリミングと角度補正だけで済み、解像感も高いと思います。 いままでファンタズミックを何度も撮ってきましたが、一番の出来と言っていいでしょう。

話は変わりますが、東京ディズニーシーで2014年1月14日~3月20日まで、TDR30周年イベント「ザ・ハピネス・イヤー」のフィナーレとして特別なプログラムが追加されます。
①アメリカンウォーターフロントでダッフィーをモチーフにしたカップケーキが描かれたスーベニア付きのデザートが販売。
②パティシエ風のコスチューム姿のダッフィーとシェリーメイがグリーティングしてくれる。
③自身のダッフィーを写真撮影出来るフォトポイントの追加。
④ケープコッド・クック・オフ「マイ・フレンド・ダッフィー」のリニューアル(1月20日~)。
以上だそうです。この時期は閑散期で来客数が減るのですが、これらのプログラムの追加で例年より混雑が予想されますね。 私もこの時期は入園が減るのですが、前年と比べ入園回数を増やすべく、ホテルを追加で予約してしまいました。

撮影機材

・カメラ:Canon EOS-1DX (重さ1340g/2012年6月発売)
・レンズ:Canon EF70-200mm F2.8L IS II USM (重さ1490g/2010年3月発売)
・テレコン:Canon EF2.0X III (重さ325g/2010年12月発売)
・コンパクトフラッシュ:Transcend TS32GCF400×2枚 (容量32GB/400倍/2009年11月発売)

カメラ設定/画像処理

露出モード:M(マニュアル)
ISO感度:オート(ISO2500)
絞り:F5.6(開放)
シャッター速度:SS1/250(秒)
焦点距離:400mm(35mm換算)
ホワイトバランス:AWB(オート ホワイトバランス)
測光方式:スポット測光(AFフレーム連動)
露出補正:±0(Mモードは調整不可)
調光補正:±0(スピードライト未使用)
ピクチャースタイル:ポートレート
フォーカス:AF(オートフォーカス)
測距エリア:領域拡大AF
AFモード:AIサーボAF(親指オートフォーカス)
ドライブモード:高速連続撮影
ファイル形式:JPEG Lサイズ 精細
手ぶれ補正:ISオン
画像補正:レタッチ済み(角度補正、トリミング等)
レタッチソフト:Snapseed(iPad mini)

撮影日と場所

2013年9月撮影

東京ディズニーシー
救護室前

簡易評価と反省

フォーカス:ジャスピン
手ぶれ:なし
被写体ブレ:なし
露出:普通
ノイズ感:ほぼゼロ

シェアしてくれると本気で喜びます!