TDS 「ハピネスグリーティング・オン・ザ・シー」。ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテの2Fベランダ席から。
EOS-1DX + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM Mモード ISO320 F5.6 SS1/2000 360mm 2013.07.13撮影。
2015年対応、東京ディズニーシーの混雑予想カレンダーと各種攻略[姉妹→東京ディズニーランド混雑予想カレンダー

TDS ハロウィン ショー ♀ダンサーさん(2013年10月撮影)写真画像とカメラ設定

公開:2013年10月15日

東京ディズニーシー ハロウィン ショー ♀ダンサーさん(2013年10月撮影)写真画像とカメラ設定

東京ディズニーシーのハロウィーンのハーバーショー「ハロウィーン・デイドリーム-スケルトンズ・サプライズ」から♀ダンサーさんの写真を公開。 パークではマニュアルモードでシャッター速度と絞りを固定して、ISOオートにして露出をカメラ任せに撮影することがほとんどで、たまに絞り優先にすることがあるぐらいですが、今回は珍しくシャッタースピード優先で撮影してみました。 夕方のショーで、プロメテウス火山に日が落ちてしまい薄暗くなってしまった中での撮影で、シャッター速度を1/1600に固定してみたかったのでTvモードでの撮影となりました。

このポジションはミシカノ1番ですが、立ち見の前には座り見のゲストがいますので、手前にダンサーさんやキャラクターが来ると全身の撮影には頭が入ってしまい取りにくいポジションです。 少し離れた所で踊ってくれるとこんな感じに邪魔なものが入らない写真を取ることができます。

話は変わりますが、10月12日~14日と三連休でしたが、パークは大混雑していたみたいです。東京ディズニーランドは3日連続で入場制限がかかり、東京ディズニーシーも2日間入場制限だったようです。 私はこの三連休パークに行かなかったのですが、有料ディズニーファンイベント「D23 Expo Japan 2013」をやっていたみたいです。プレゼン、コンサート、ショー、展覧会、オークション品展示などがおこなわれたみたいです。

撮影機材

・カメラ:Canon EOS-1DX (重さ1340g/2012年6月発売)
・レンズ:Canon EF70-200mm F2.8L IS II USM (重さ1490g/2010年3月発売)
・コンパクトフラッシュ:Transcend TS32GCF400×2枚 (容量32GB/400倍/2009年11月発売)

カメラ設定/画像処理

露出モード:Tv(シャッタースピード優先)
ISO感度:オート(ISO2000)
絞り:F2.8(開放)
シャッター速度:SS1/1600(秒)
焦点距離:168mm(35mm換算)
ホワイトバランス:AWB(オート ホワイトバランス)
測光方式:スポット測光(AFフレーム連動)
露出補正:+2/3(Mモードは調整不可)
調光補正:±0(スピードライト未使用)
ピクチャースタイル:ポートレート
フォーカス:AF(オートフォーカス)
測距エリア:領域拡大AF
AFモード:AIサーボAF(親指オートフォーカス)
ドライブモード:ワンショット撮影
ファイル形式:JPEG Lサイズ 精細
手ぶれ補正:ISオン
画像補正:レタッチ済み(角度補正、トリミング等)
レタッチソフト:Snapseed(iPad mini)

撮影日と場所

2013年10月撮影

東京ディズニーシー
ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ
前立ち見最前列

簡易評価と反省

フォーカス:ジャスピン
手ぶれ:なし
被写体ブレ:なし
露出:普通
ノイズ感:ほぼゼロ

シェアしてくれると本気で喜びます!