TDS 「ハピネスグリーティング・オン・ザ・シー」。ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテの2Fベランダ席から。
EOS-1DX + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM Mモード ISO320 F5.6 SS1/2000 360mm 2013.07.13撮影。
2015年対応、東京ディズニーシーの混雑予想カレンダーと各種攻略[姉妹→東京ディズニーランド混雑予想カレンダー

TDS テーブル ドナルド たらこ唇 正面(2013年9月撮影)写真画像とカメラ設定

公開:2013年10月10日

東京ディズニーシー テーブル ドナルド たらこ唇 正面(2013年9月撮影)写真画像とカメラ設定

東京ディズニーシーの「テーブル・イズ・ウェイティング」からドナルドダックの「たらこ唇」を正面から撮った写真を公開。

このたらこ唇を始めてみた時の衝撃は今でも忘れません。2012年春ごろはじめてみた記憶がありますが、これを見た瞬間、思わず噴き出してしまいました。 その後、ツイッターを始めてから色々な方のたらこ唇の衝撃写真を見させてもらって、やっぱり近くからドアップで撮るのが一番衝撃的であることを確認して、早くから場所取りして撮影したのがこの一枚です。

座り最前列のセンターでは無く、右に2席分程ずれていましたが、丁度ドナルドが目線をくれたので、撮れた一枚です。 9月の15時頃で、太陽がすこし曇って陰ってくれたので、柔らかめの日差しが当って、どぎつい影が出来ていない所が、成功したポイントの一つだと思います。

今回はテレ端200mmのレンズで165mmで撮影したので、次回はもっとドアップになる様に最前列から200mテレ端で撮影してみたいと思います。 最前列からドナルドまでの距離は2-3m程しかありませんし一瞬の出来事なので、AF設定をレスポンス良く調整し、連写設定にして挑んでみます。

撮影機材

・カメラ:Canon EOS-1DX (重さ1340g/2012年6月発売)
・レンズ:Canon EF70-200mm F2.8L IS II USM (重さ1490g/2010年3月発売)
・コンパクトフラッシュ:Transcend TS32GCF400×2枚 (容量32GB/400倍/2009年11月発売)

カメラ設定/画像処理

露出モード:M(マニュアル)
ISO感度:オート(ISO400)
絞り:F2.8(開放)
シャッター速度:SS1/2000(秒)
焦点距離:165mm(35mm換算)
ホワイトバランス:AWB(オート ホワイトバランス)
測光方式:中央部重点平均測光
露出補正:±0(Mモードは調整不可)
調光補正:±0(スピードライト未使用)
ピクチャースタイル:ポートレート
フォーカス:AF(オートフォーカス)
測距エリア:領域拡大AF
AFモード:AIサーボAF(親指オートフォーカス)
ドライブモード:ワンショット撮影
ファイル形式:JPEG Lサイズ 精細
手ぶれ補正:ISオン
画像補正:レタッチ済み(角度補正、トリミング等)
レタッチソフト:Snapseed(iPad mini)

撮影日と場所

2013年9月撮影

東京ディズニーシー
ドックサイド・ステージ(DSS)
座り最前列

簡易評価と反省

フォーカス:ジャスピン
手ぶれ:なし
被写体ブレ:なし
露出:普通
ノイズ感:ほぼゼロ

シェアしてくれると本気で喜びます!