TDS 「ハピネスグリーティング・オン・ザ・シー」。ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテの2Fベランダ席から。
EOS-1DX + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM Mモード ISO320 F5.6 SS1/2000 360mm 2013.07.13撮影。
2015年対応、東京ディズニーシーの混雑予想カレンダーと各種攻略[姉妹→東京ディズニーランド混雑予想カレンダー

TDS アメリカン・ウォーター・フロント 6時8分画像 写真撮影設定とカメラ設定

2013年9月10日アップ

東京ディズニーシー アメリカン・ウォーター・フロント 時計画像 写真撮影機材とカメラ設定

撮影機材

・カメラ:Canon EOS-1DX
・レンズ:Canon EF70-200mmF2.8L IS II USM

カメラ設定

露出モード:M(マニュアル)
ISO感度:オート(ISO6400)
絞り:F2.8
シャッター速度:SS1/1600(秒)
焦点距離:165mm
測光方式:評価測光
ホワイトバランス:AWB
露出補正:±0
ピクチャースタイル:風景
画像補正:実施済み(角度補正、トリミング等)

撮影場所

東京ディズニーシー
アメリカン・ウォーター・フロント

簡易評価と、反省を一言

ノイズ:ほぼゼロ
ブレ:手ぶれも被写体ブレも無し
露出:ローキー

東京ディズニーシーのアメリカンウォーターフロントにある時計です。ビックバンドビート(BBB)を見たあと帰路の途中で撮影しました。 最近はツイッターの影響もあり、風景を撮影することが多くなりました。広角で撮るのも楽しいですが、望遠で一部を切り取る様な風景の方が性に合っている気がします。 広角で撮影する風景は、混雑していて人が多いと、撮影しにくいので、この写真の様に一部を切り取って、人物を省ける方が後処理をしなくていいですし。 魚眼レンズを買ってもっと違った風景を撮影してみたい今日この頃。

シェアしてくれると本気で喜びます!