TDS 「ハピネスグリーティング・オン・ザ・シー」。ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテの2Fベランダ席から。
EOS-1DX + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM Mモード ISO320 F5.6 SS1/2000 360mm 2013.07.13撮影。
2015年対応、東京ディズニーシーの混雑予想カレンダーと各種攻略[姉妹→東京ディズニーランド混雑予想カレンダー

TDS ハロウィーン・デイドリーム ♀スケルトン(2013年9月撮影)写真画像とカメラ設定

公開:2013年9月17日

東京ディズニーシー ハロウィーン・デイドリーム ♀スケルトン(2013年9月撮影)写真画像とカメラ設定

今年のデイドリは、ミシカが入って、とても楽しいと昨日の写真にコメントしましたが、スケルトンの衣装もちょっと派手になり、見栄えがかなり良くなりました。 昨年は白黒でとても地味な感じでしたが、今年は色が入ってなかなか写真映えのするコスチュームになった気がして、レンズを向けたくなります。 そんな、昨年とは見違えるデイドリを、坂道の途中から撮影した一枚がこちらです。

話は変わりますが、最近、昼間のショーやパレードを撮影する場合、クリップオンのスピードライトを使って、顔に出来る影をフラッシュ光で明るくして起こそうと練習していますが、 ペンタ部上部にそのままくっつけて、カメラを縦位置に構えると、バランスが悪くとても持ちにくく、右手首に負担がかかり、このまま使い続けると腱鞘炎になりそうな気がします。 このアンバランスの解消には、スピードライトがレンズの真上に付ければよい気がします。ポートレート撮影(パークではグリーティング)用のストロボブラケットを使えば、問題が解決される気がします。 次回はこれを持参してトライしてみたいと思います。

撮影機材

・カメラ:Canon EOS-1DX (重さ1340g/2012年6月発売)
・レンズ:Canon EF70-200mm F2.8L IS II USM (重さ1490g/2010年3月発売)
・スピードライト:Canon SP600EX-RT (重さ425g/2012年3月発売)

カメラ設定/画像処理

露出モード:M(マニュアル)
ISO感度:オート(ISO1000)
絞り:F2.8(開放)
シャッター速度:SS1/4000(秒)
焦点距離:105mm(35mm換算)
測光方式:スポット測光
ホワイトバランス:AWB(オート ホワイトバランス)
露出補正:±0(マニュアルモードは調整不可)
調光補正:-1.3
ピクチャースタイル:ポートレート
フォーカス:AF(オートフォーカス)
測距エリア:領域拡大AF
AFモード:AIサーボAF(親指オートフォーカス)
ドライブモード:ワンショット撮影
ファイル形式:JPEG Lサイズ 精細
手ぶれ補正:ISオン
画像補正:レタッチ済み(角度補正、トリミング等)
レタッチソフト:Snapseed(iPad mini)

撮影日と場所

2013年9月撮影

東京ディズニーシー メディテレーニアンハーバー
旧ロミジュリ前 立ち見 最前列

簡易評価と反省

フォーカス:ジャスピン
手ぶれ:なし
被写体ブレ:なし
露出:ハイキー
ノイズ感:ほぼゼロ

シェアしてくれると本気で喜びます!