TDS 「ハピネスグリーティング・オン・ザ・シー」。ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテの2Fベランダ席から。
EOS-1DX + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM Mモード ISO320 F5.6 SS1/2000 360mm 2013.07.13撮影。
2015年対応、東京ディズニーシーの混雑予想カレンダーと各種攻略[姉妹→東京ディズニーランド混雑予想カレンダー

TDS テーブル・イズ・ウェイティング チップ(2013年8月撮影)写真画像とカメラ設定

公開:2013年9月25日

東京ディズニーシー テーブル・イズ・ウェイティング チップ(2013年8月撮影)写真画像とカメラ設定

東京ディズニーシーのアメリカンウォーターフロントにある大きな船「S.S.コロンビア号」の横にあるドックサイド・ステージ(DSS)で行われているショー「テーブル・イズ・ウェイティング」からチップの写真を公開。 チップはデールとコンビの人気キャラクターですが、いつも二人仲良くしていて、写真を取るにも、どちらにピントを合わせて良いかわからず、自分の気に入った写真がなかなか撮れないんです。 この時も、デールはすぐ隣にいたのですが、ちょっと離れたタイミングを見計らって、シャッターを切らせてもらいました(実際にはトリミングして、カットしています)。

被写体をおおきく写すと背景も無くなりゴチャゴチャしませんので、最前列から望遠を使うのが誰でも簡単にいい写真を撮る秘訣のひとつだと思っています。 このテーブルイズウェイティングや、ディズニーランドのミニーオーミニー・ワンマンズドリームの様な、センターが決まっているショーの場合は席が大事となります。 真ん中あたりの最前列を確保できれば、それだけでいい写真を撮れる確立が上がると思います。 この場所を確保するには2時間以上前から待つ必要があるので、ワンデーさんはなかなか厳しいでしょうが、年パスを持っている人は長時間待つ事がいい写真を撮る秘訣だと思います。

撮影機材

・カメラ:Canon EOS-1DX (重さ1340g/2012年6月発売)
・レンズ:Canon EF70-200mm F2.8L IS II USM (重さ1490g/2010年3月発売)

カメラ設定/画像処理

露出モード:M(マニュアル)
ISO感度:オート(ISO1000)
絞り:F2.8(開放)
シャッター速度:SS1/2500(秒)
焦点距離:160mm(35mm換算)
ホワイトバランス:AWB(オート ホワイトバランス)
測光方式:中央部重点平均測光
露出補正:±0(Mモードは調整不可)
調光補正:±0(スピードライト未使用)
ピクチャースタイル:ポートレート
フォーカス:AF(オートフォーカス)
測距エリア:領域拡大AF
AFモード:AIサーボAF(親指オートフォーカス)
ドライブモード:ワンショット撮影
ファイル形式:JPEG Lサイズ 精細
手ぶれ補正:ISオン
画像補正:レタッチ済み(角度補正、トリミング等)
レタッチソフト:Snapseed(iPad mini)

撮影日と場所

2013年8月撮影

東京ディズニーシー
ドックサイド・ステージ(DSS)最前列

簡易評価と反省

フォーカス:ジャスピン
手ぶれ:なし
被写体ブレ:なし
露出:普通
ノイズ感:ほぼゼロ

シェアしてくれると本気で喜びます!