TDS 「ハピネスグリーティング・オン・ザ・シー」。ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテの2Fベランダ席から。
EOS-1DX + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM Mモード ISO320 F5.6 SS1/2000 360mm 2013.07.13撮影。
2015年対応、東京ディズニーシーの混雑予想カレンダーと各種攻略[姉妹→東京ディズニーランド混雑予想カレンダー

TDS ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル ミッキーマウス画像 撮影設定と写真

2013年5月31日アップ「東京ディズニーシー ロストリバーデルタ ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル ミッキーマウス」

東京ディズニーシー「ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル ミッキーマウス」撮影方法(機材と設定)

設定:Mモード ISOオート(ISO500) F2.8 SS1/80 28mm(35mm換算) 評価測光 露出補正±0
カメラ:Canon EOS-1DX
レンズ:Canon EF16-35mmF2.8L II USM
スピードライト:なし

環境

今回の撮影は、東京ディズニーシーのロストリバーデルタにある「グリーティングトレイル」で、ミッキー&ミニー&グーフィーにあえます。 実はこの利用は初めで、どんな所か全く知識がなく、今回はロケーションの確認が主目的です。 待ち列(Qライン)から撮影環境が見えるので、待ち時間にじっくり観察出来、しっかり考えられるので、撮影しやすい環境です。 ライティングも強すぎないライトが被写体に当たっている感じです。また、昼間であれば屋外光も入ってきて、かなり明るいです。 まだ夜に訪れていないのでわかりませんが、フラッシュはあった方がいいでしょう。

機材説明

レンズは買ったばかりの広角ズームLレンズ。今回の撮影が初利用です。 実はこれでキヤノンの大三元レンズが揃ってウキウキしていたところです。 前回、ミトミで70-200mmで長すぎで大失敗したところです。

設定の意図

ISOをオートにして、カメラ任せて露出調整させます。絞りは開放で明かりを最大限に取り込みます(開放馬鹿なんです)。 シャッター速度(SS)は、手ぶれ補正機能(IS)が付いてないレンズで、焦点距離が35mmになっても手ぶれしないように焦点距離の倍以上として1/80に設定ました。 測光方式はスポットライトで顔などの一部が極端に明るいということもなかったので、評価測光を選択。露出補正はキヤノンのMモードは無効になります。

評価と反省

評価は露出が上手く行き丁度いい感じだと思います。手ぶれもなさそうです。

反省点は広角レンズで絞りこんでいない為、周辺の歪みが気になります。 特にミッキーマウスの耳の部分が、楕円にゆがんでしまいました。

次回は、もう少し下がってレンズの周辺部を使わないように被写体を配置するか、 少し絞り込んでレンズ中心の歪みの無い部分を使うか、 広角レンズを使わず標準レンズ(EF24-70mmF2.8L II USM)にするか、これらのどれかで改善したいと思います。 実際には、ミラーレスカメラの導入になりましたが。

シェアしてくれると本気で喜びます!