TDS 「ハピネスグリーティング・オン・ザ・シー」。ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテの2Fベランダ席から。
EOS-1DX + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM Mモード ISO320 F5.6 SS1/2000 360mm 2013.07.13撮影。
2015年対応、東京ディズニーシーの混雑予想カレンダーと各種攻略[姉妹→東京ディズニーランド混雑予想カレンダー

TDS ファンタズミック!ミッキーマウスvsマレフィセントドラゴン画像 撮影設定と写真

2013年5月12日アップ

東京ディズニーシー「ファンタズミック!ミッキーマウスvsマレフィセントドラゴン」撮影方法(機材と設定)

設定:ISO3200 F4.0 SS1/50 256mm
カメラ:Canon EOS-7D
レンズ:Canon EF70-200mm F4L IS USM

この写真は東京ディズニーシーの夜の水上ショー「ファンタズミック!」の写真です。眠れる森の美女オーロラ姫に呪いをかけた魔女「マレフィセント」が化けた「マレフィセントドラゴン」をミッキーマウスがやっつける瞬間です。連写しまくり良いタイミングで撮れたの一枚になります。

「ファンタズミック!」は正面があるショーなので、ミッキー広場からが見やすいです。ミッキー広場とはホテルミラコスタの中庭の様な場所で、入って天井のあるショップ群を抜け視界が広がった所を通称「ミッキー広場」と呼んでいます。

基本、毎晩20:00から約25分間にわたって行われる水上ショーで、ミッキーマウスとマレフィセントドラゴンが登場する位置はほぼ同一です。ミッキー広場のポジションの中でも、右寄りの方がミッキーの乗っているパージとドラゴンが重ならず邪魔にならないのでお勧めです。

写真撮影は光量が変わりやすいショーなので、シャッタースピードを固定し、絞り開放にして、ISOはオートでカメラ任せで露出を決めて撮ることが私の撮影スタイルです。

レンズの焦点距離は35mm換算で200mmは最低必要です。最大サイズで撮ってトリミングで擬似的に拡大することが多いです。もっと近くにポジって大きく撮りたいなら、ミッキー広場左側のリドアイルか、右側のザンビーニブラザーズのレストラン前あたりからの方がミッキーが近いです。

ひとつ目の注意点は、正面からではなく側面からの写真になってしまいます。二つ目の注意点は、場所取りする場合、大きなスピーカーが地面からニョキニョキと出てくる場所がありますので、キャストさんに確認してからキープしましょう。

シェアしてくれると本気で喜びます!