TDS 「ハピネスグリーティング・オン・ザ・シー」。ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテの2Fベランダ席から。
EOS-1DX + EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM Mモード ISO320 F5.6 SS1/2000 360mm 2013.07.13撮影。
2015年対応、東京ディズニーシーの混雑予想カレンダーと各種攻略[姉妹→東京ディズニーランド混雑予想カレンダー

東京ディズニーシーのアトラクションをタイプ別に分類

スポンサード リンク

アトラクションのタイプを分類

東京ディズニーシー アトラクション タイプ別

東京ディズニーシーにあるアトラクションを以下の6タイプに分けてみました。あなたやご家族にあったアトラクションを利用しましょう。 東京ディズニーランドのアトラクションをタイプ別に分類してみたも参考にして下さい。

絶叫系

レイジング

何といっても人気は、この絶叫系のアトラクションでしょう。ディズニーシーのジェットコースター等がこれに分類されます。 人気のアトラクションが多く、土日などは混雑します。この待ち時間を少なく出来る「FP」が設定されている場合が多いです。 「富士急ハイランド」のようにギネス認定されるような超高速のアトラクションは、残念ながら東京ディズニーシーにはありません。

グリーティング

アリグリ

ディズニーのキャラクターに直接逢えるアトラクションや施設です。一緒に写真を撮ったり、ハグしたり、サインをもらえたりします。 グリーティング施設はシーでもランドでも人気で大混雑しやすく、待ち時間が長めになってしまいます。もし利用するなら朝一番を狙うといいでしょう。

ライド系

カーペット

絶叫系の様な怖さや速度や体にかかるGが少なめのアトラクションです。 しかし内部が暗かったり、キャラクターや雰囲気が怖く感じる小さなお子様もいて、泣きだしたりしてしまう場合もあります。 泣いたりしても、それほど問題無いと思います...。私は気にしません。

ゆったり系

ビークル

ゆったりまったりと進むアトラクションです。移動に使ったり景色を眺めたりと、ほのぼのと一息付きたい時、利用したいアトラクションです。 高齢者や赤ちゃんでも利用しやすいです。どれも空いている場合が多いので、長時間待つのを嫌うお父さんにおすすめしたいです。 ディズニーアニメの原作を知っていると楽しみ方が違うかもしれません。

フリー系

チャレンジ

施設の中を自由に歩き回ったり、触ったり見たりして遊べるアトラクションです。時間制限が無いので子供でも長時間遊べるものが多いです。 チケット代とは別に料金を払って体験できるアトラクションもいくつかあります。

シアター系

マジックランプ

椅子に座って大きなスクリーンや目の前の舞台で繰り広げられるショーを鑑賞するアトラクションです。 疲れた時の一休みにちょうどいい施設です。視覚、聴覚以外にも工夫を凝らしてあり様々な体感が出来るものが多いです。 最近流行りの3Dを利用したアトラクションも増えてきています。

このリストは東京ディズニーシーのチケットブースなどでもらえる「Today」を参考に作成しました。

スポンサード リンク

シェアしてくれると本気で喜びます!